カードローンを選ぶなら低金利がポイント

カード1枚でお金が借りられるカードローンは、とても便利なサービスです。
カードローンを選ぶなら低金利の業者から選ぶ事が一番です。

何故低金利のカードローンを選ぶべきなのか、それは金利の高さによって返済に掛かる合計額が大きく異なるからに他なりません。
金利が高い程、元金にプラスして返済しなければいけない金額が増えてしまいますから、金利は低い程借りる側にとってはメリットが高いのです。

もし金利の高いカードローンを利用すれば、いつまでたっても中々元金が減らず利息だけを支払っているという状況に陥り、なかなか完済が出来ないというケースもあります。

また毎月の支払い額は安くても、その分返済回数が長くなり結局は多額の利息を取られているというケースも多いので注意しなければいけません。

カードローンでは、大抵の場合その返済方法として残高スライドリボルビング方式が採用されています。
この残高スライドリボルビング方式とは、借入残高に応じて毎月の支払い額が変わるというものです。
少し分かりにくいところもあるので、その場合はシュミレーション機能を利用してみましょう。

そんな中で金利の低いカードローンは、消費者金融よりも銀行と言われています。
実際に消費者金融と銀行のカードローンの金利を比較してみると、消費者金融は約5%~18%、銀行は3%~15%となっておりやはり銀行カードローンの方が一般的に金利は低くなっている事が分かります。

■おすすめはみずほ銀行カードローンです。みずほ銀行カードローンの審査のことなら

ただ消費者金融であっても銀行であっても、金利だけではなく最高借入限度額も異なるのでそうした事にも注意しながら金利の低いカードローンを選択しなければいけません。
当然借入額によって金利は異なりますし、その他の借入状況などによっても金利は変わってきます。
ですから一概にどこのカードローンが一番金利が低いとは言えないのです。
自分が借りるならどこのカードローンが一番金利が低いのか、それを見極めることが大切になるという訳です。
返済回数が多くなれば、金利がたった1パーセント違うだけでも大きな差になりますから、決して金利の高低は軽視してはいけません。

審査を受ける前に注意すること

お金がない…お金が今すぐ必要だ…!そんな時には消費者金融やネットバンク等が行っているキャッシングやカードローンが非常に便利です。特に消費者金融が行っている金融商品は非常に審査のスピードが速く、誰にでも利用できる…ということで定評があります。

しかし、誰でも利用できる…そんなイメージの強い消費者金融ですが、もちろん商品を利用できない場合もあります。審査に落ちてしまいカードローンの利用ができない…となるとそれだけで自分の信用に1つ傷が付いてしまいますので気をつけましょう。

まず、過去に金融系のトラブルを起こしている方は絶対に無理!消費者金融会社もボランティアでお金を貸しているわけではありません。商売の一環でお金を貸しているので、もちろんリスクを避けなければいけません。

過去にトラブルを起こしている方は、今後同じトラブルを起こしかねない…そんな危険性を含んでいます。2度あることは3度ある…そういった場合は初めからお断りする意味で審査に落とされてしまいます。

ですから、過去に金融事故やトラブルを起こしている方は中小企業タイプで且つ新し目の審査のゆるい会社に申し込むことをお勧めします。中小企業タイプで、さらにできてから間もない消費者金融やネットバンクは利用者を求めています。

少しくらい過去に問題があっても、現在安定した収入を得ていれば問題なくお金を貸し出ししてくれる業者も珍しくありません。それ以上に利用者を求めている…そういった会社を判断して申し込みをするべきでしょう。また審査に落とされる場合は、属性の問題があります。

この属性とは非常に難しく、一概には言えないのですが、年齢や職業、年収、…などといったものを総じた部分から利用者のリスクを判断するもの。例えば、年齢が極端に来れだったり、極端に年収が少なかったりしたら借り入れができない…ということ。

つまり全てにおいてバランスが取れている利用者にはお金を貸し出しする…ということです。年収が極端に少なかったりすると、総量規制の問題もあります。借りても返せない…そういったことが絶対にないように金融会社は気をつけています。

カードローンを利用する際は借入先の必要条項を必ず熟読して申し込みを行いましょう。

在籍確認ってどんな流れで行われるの?

カードローンを契約した後、必ず行われるのが勤務先への在籍確認です。この在籍確認については、会社勤務者にとってどのような方法で行われるか非常に不安な点があります。一番の問題は、勤務先にカードローンの契約が知られるのではないかという不安です。

しかし、銀行や消費者金融であれ、契約者の個人情報やプライベートに配慮した対応を行います。
先ず、消費者金融系カードローンの在籍確認については、殆どの契約者が不安に感じます。

基本的には電話での在籍確認となるものの、会社名(消費者金融名)は出さず、在籍確認を行う担当者名で行います。例としては、『A(消費者金融担当者)というものですが、Bさんはいらっしゃいますか?』といった流れで行われます。

このような電話であれば、個人持ちの携帯電話に急ぎの連絡をしたものの、連絡が取れないといった雰囲気があります。しかし、感の良い人であれば、少し不自然さがあり、基本的には勤務先へ個人名で電話をすることは無いと考えます。

ただし、個人のプライベートとなるため、深く追求しないのが会社というものです。
一方、銀行の場合は銀行名を名乗ります。『A銀行ですが、Bさんはいらっしゃいますか?』といった内容です。

銀行の場合、給与口座として利用していたり、住宅ローンやマイカーローン、そして教育ローンなどを扱っています。そのため、カードローンの在籍確認という感覚も感じられない上、勤務先の対応者も何ら違和感を感じること無く対応します。

基本的には、カードローンの在籍確認については、銀行であれ消費者金融であれ、契約申込者の個人情報やプライベートに配慮した対応がされます。

そもそも、ホームページからの申込の場合、勤務先の代表電話番号から総務部門そして所属部門に連絡の上、契約者へ取り次ぎができれば在籍確認が終了します。

また、テレビ窓口や無人契約機での契約の場合は在籍確認を刷る際に契約申込者本人が不在または休暇中であることが確認出来た時点で完了となります。
在籍確認については非常に不安があるものの、余程不審な電話では無い限り、問題は生じることは無いです。

そして、一番気になる消費者金融については個人情報の保護を掲げているため、適切なマニュアルが準備されているため、在籍確認自体は安心することが出来ます。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.